OpenWrtでIPv6インターネットを使う

OpenWrtでIPv6インターネットを使えるようにする覚書。
この設定で、WindowsやUbuntu、iOSでIPv6アドレスが自動割当され通信できている。

■ 前提

フレッツ光回線(コラボ回線:我が家はビッグローブ光)でIPv6オプションがついてる。

OpenWrtは19.07を使用。
インターフェースはLAN、WAN、WAN6があるものとする。

■ 設定

参考
OpenWrt Project: IPv6

SSHでOpenWrtに繋ぎ、/etc/config/dhcpを修正する。

vi /etc/config/dhcp
...
config dhcp 'lan'
...
        option dhcpv6 'server'
        option ra_management '1'
        option ra 'relay'
        option ndp 'relay'

...

config dhcp 'wan6'
        option dhcpv6 'server'
        option ra 'relay'
        option ndp 'relay'
        option master '1'

OpenWrtを再起動して配下の端末にIPv6アドレスが配布されるのを確認。
下記のような接続確認サイトでIPv6で接続できていることを確認。

参考
IPv6 test – IPv6/4 connectivity and speed test